『テッド2』お下劣ギャグと人権問題の意外な関係とは

ted2

『テッド2』について、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。
テッドと生きるという意味、人権をめぐる闘い、誤解されやすいセス・マクファーレン監督の話など書いています。
ひとつの文章で「大麻」という単語をこんなに多く書いたのは初めてです。
無料ですので、是非お読みください。

▼クリックで記事が読めます。
『テッド2』お下劣ギャグと人権問題の意外な関係とは? 過激な表現の意図を読む



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。