エドワード・ヤン幻の傑作、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』 は“映画”そのものである

a_brighter_summer_day01

とうとう再上映された幻の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
エドワード・ヤン幻の傑作、『クーリンチェ少年殺人事件』 は“映画”そのものである

本作が世界的に評価され、エドワード・ヤン監督の代表作と呼ばれるのは何故か。少年たちの小さな社会を描くことで示された歴史の爪痕についても考察します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。