これは“自分のための映画”だ – マイノリティ描く『ムーンライト』に共感を抱く理由

第89回アカデミー賞作品賞を制した『ムーンライト』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
これは“自分のための映画”だ-マイノリティ描く『ムーンライト』に共感を抱く理由

本作の圧倒的な美しさ、そして観客が自分のことのように主人公と同化してしまう没入感はどこからくるのか?物語と演出の両面から考察します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。