80年代メキシコの麻薬売買や殺人を追体験『潜入者』の魅力を考察

史上最大の麻薬組織への潜入作戦を描いた実話映画『潜入者』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
80年代メキシコの麻薬売買や殺人を追体験 おとり捜査映画の観点から『潜入者』の魅力を考察

バレたら即、死が待っている極限状況で、「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン演じる捜査官が、危ない橋を渡りまくります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。