日本のアニメは世界でどう評価?『夜明け告げるルーのうた』アヌシー映画祭最高賞受賞から考察

【祝】「アヌシー国際アニメーション映画祭」で、夜明け告げるルーのうた』が長編最高賞、『この世界の片隅に』が審査員賞を受賞!この結果を受けて、「日本のアニメが世界で評価されるには」について考察した評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
日本のアニメは世界でどう評価?『夜明け告げるルーのうた』アヌシー映画祭最高賞受賞から考察

ヨーロッパ、アメリカなどの西洋の作品に加え、『紅の豚』や『平成狸合戦ぽんぽこ』など過去の受賞作品を振り返りながら、日本アニメの「越える力」を考えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。