“差別”というシリアスな題材をポップに表現『ゲット・アウト』が描く普遍的な恐怖

新感覚のスリラー映画『ゲット・アウト』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
“差別”というシリアスな題材をポップに表現『ゲット・アウト』が描く普遍的な恐怖

できるだけネタバレを伏せつつ、作品の背景にあるアメリカの社会問題や、監督の持ち味などに触れながら、ヒットに結びついた理由を考察していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。