日本のアニメーションが失ったシンプルさと壮大さ-『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が描く冒険世界

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
日本のアニメーションが失ったシンプルさと壮大さ-『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』が描く冒険世界

狂気すら感じるライカの制作手法のすごさはもちろん、本作から感じる往年の東映動画や日本の人形劇を彷彿とさせる異文化への深い理解、さらに“超おぼっちゃま”監督とオニツカタイガーが結ぶ日本との関係も紹介します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。