『エベレスト 3D』が”体感”させる極限状態 圧倒的リアリズムの背景

everest01

実際の遭難事故をリアリズムで描ききった『エベレスト 3D』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『エベレスト 3D』が”体感”させる極限状態 圧倒的リアリズムの背景を読む

失われゆく山のロマンを正直に映し出すリアリズム、ドラマやスリルすら強調しない監督の独特な手法が表現するものとは?そして、「人は何故山に登るのか」。監督の過去作や関連作にも言及しながら考察していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。