映画の“高所恐怖”表現はどう進化したか? 『ロイドの要心無用』から『ザ・ウォーク』へ

thewalk01

手に汗をかく高所体感映画『ザ・ウォーク』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
映画の“高所恐怖”表現はどう進化したか? 『ロイドの要心無用』から『ザ・ウォーク』への系譜

映画による原初的な「高所恐怖表現」に立ち戻る映像の「強度」のすごさ。過去作のCGアニメーション技術を昇華したゼメキス監督の集大成的映像表現など、本作の「新しさ」に迫ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。