破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

鳥が弾丸となって建物を破壊する大ヒットゲームの映画化作品『アングリーバード』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
破壊の魅力を描くアニメーション 宮崎駿と庵野秀明、そして『アングリーバード』

「破壊」こそがアニメーションの華。破壊に魅入られた作家、宮崎駿や庵野秀明を例に挙げながら、破壊表現の興奮を追求する本作について考察します。侵略者とアメリカン・イーグルに象徴される、本作の政治的意図も解説。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。