家族のつながりの危うさが浮き彫りに 『淵に立つ』がもたらす異常な緊張感

fuchi_ni_tatsu01

「人がこわい」「家族がこわい」映画の決定版ともいえる『淵に立つ』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
“家族のつながり”の危うさが浮き彫りに 『淵に立つ』がもたらす異常な緊張感

オルガンとメトロノーム、信仰と贖罪など、本作に散りばめられた謎に迫りながら、人間や家族関係における恐怖と希望とは何かを考察していきます。
(日本/フランス合作)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。