『ラ・ラ・ランド』は『セッション』を乗り越えたーチャゼル監督がミュージカル映画で描いた夢

la_la_land01

2017年アカデミー賞を席巻し、前代未聞のハプニングも発生した『ラ・ラ・ランド』の魅力について、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『ラ・ラ・ランド』は『セッション』を乗り越えたーチャゼル監督がミュージカル映画で描いた夢

デミアン・チャゼル監督の愛するミュージカル映画を集結し再構築した意欲作。前作『セッション』との関係や、物議をかもす主人公の音楽観にも触れながら、夢の街L.A.で夢を追い夢に生きるふたりが象徴するものを考察します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。