『LOGAN/ローガン』は“名作映画”の領域に-本物のドラマに宿るアメリカの魂

ついにアメコミ映画に“名作”が誕生!ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリン最終作『LOGAN/ローガン』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『LOGAN/ローガン』は“名作映画”の領域に-本物のドラマに宿るアメリカの魂

正義が報われない現実のなかで、本物のヒーローとは何かを、観客一人ひとりの心に訴えかける映画です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。