『20センチュリー・ウーマン』の“言語化しにくい”魅力 マイク・ミルズ監督に受け継がれた精神

『20センチュリー・ウーマン』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『20センチュリー・ウーマン』の“言語化しにくい”魅力 マイク・ミルズ監督に受け継がれた精神

マイク・ミルズの繊細な感性が、どのように形づくられたかが分かる一作。「この映画の良かったところが説明しづらい」との声をよく聞いたので、作中の描写などからテーマを掘り下げて解説します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。