人間は生きる価値がない存在なのか-『猿の惑星:聖戦記』が暴く、人間の傲慢な意識

『猿の惑星:聖戦記』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
人間は生きる価値がない存在なのか-『猿の惑星:聖戦記』が暴く、人間の傲慢な意識

聖書を下敷きにした物語が観客に叩きつける衝撃、人間と猿との関係から分かる「あらゆる差別を生み出す原因」とは何か。そして、本シリーズが描いた「勝利」の意味を考察していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。