狂気に包まれた不毛な残酷さ-『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』の特殊性

劇場版第2弾『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
狂気に包まれた不毛な残酷さ-『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』の特殊性

アダルトな菊地成孔の音楽でも話題の本作、初代(ファースト)以降のガンダム作品の熱心なファンでない私も魅了した内容のやばさを、第1シーズンから語っていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。