続編でもブレない突き抜け方『キングスマン』シリーズが示す、“現代の紳士の精神”

『キングスマン:ゴールデン・サークル』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
続編でもブレない突き抜け方『キングスマン』シリーズが示す、“現代の紳士の精神”

米国文化への愛着と疑心、無茶な悪役が現実の矛盾を暴き出す裏テーマ、前作の展開や不謹慎ギャグの負債を払いつつ、また過激シーンを入れてくる悪ガキぶり。混迷する現場にあってもキングスマン精神は健在でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。