アメリカ史の裏に隠された血塗られた暗部『ブリムストーン』が示した、新たな西部劇映画の可能性

『ブリムストーン』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
アメリカ史の裏に隠された血塗られた暗部『ブリムストーン』が示した、新たな西部劇映画の可能性

アメリカの「旧き善き時代」は、女性にとって戦慄の監獄だった!ダコタ・ファニング演じるひとりの女は、迫り来る父権・信仰の抑圧から逃げ切り、未来を守れるのか?西部劇映画の裏に潜んだ“闇”を描く傑作です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。