『ボス・ベイビー』なぜ人気作に?脚本の整合性を超えた実存主義的な姿勢

赤ちゃんなのにボス、『ボス・ベイビー』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『ボス・ベイビー』なぜ人気作に?脚本の整合性を超えた実存主義的な姿勢

久々のドリームワークス・アニメーション作品が、日本で週間動員数首位を獲得!人気の理由は、イーストウッドに通じる実存主義的アプローチか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。