解説『ペンタゴン・ペーパーズ』1971年のジャーナリズムが映し出した現在地

『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』についての評論を、“映画・ドラマ・アニメをもっと楽しく。 ciatr [シアター]”に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
解説『ペンタゴン・ペーパーズ』1971年のジャーナリズムが映し出した現在地

スピルバーグ監督があらためて演出を評価された理由や、日本の状況とも重なる政権とメディアの関係などを解説していきます。報道は何のためにあるのか、人はどう生きるのかというところまで問いかける傑作です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。