『火垂るの墓』『この世界の片隅に』は“反戦映画ではない”のか-高畑勲監督の発言などから検証

『火垂るの墓』、『この世界の片隅に』など戦争を題材にしたアニメーション映画についての考察を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『火垂るの墓』『この世界の片隅に』は“反戦映画ではない”のか-高畑勲監督の発言などから検証

火垂るの墓』は「戦争映画」ではないのか?主人公の死は「自己責任」だったのか?作中に幽霊が現れる意味や、日本で被害者が叩かれる理由を考えていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。