映画は人類史における一大犯罪をどう描くべきか? 『サウルの息子』の演出が投げかける問い

son_of_saul

ホロコーストの恐怖を息が詰まるリアリティを持って描き、カンヌ、アカデミー賞で受賞を果たした『サウルの息子』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
映画は人類史における一大犯罪をどう描くべきか? 『サウルの息子』の演出が投げかける問い

「映画」を問い直す常識やぶりの演出や、娯楽表現を持ち込むことの是非など、語るところの多い問題作です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。