人は狂わされながら生きていくしかない-『民生ボーイと狂わせガール』が観客に問いかけるもの

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
人は狂わされながら生きていくしかない-『民生ボーイと狂わせガール』が観客に問いかけるもの

結局この映画の「奥田民生」とは何だったのか?何故男たちは「狂わせガール」に翻弄されるのか?出版業界を描くことで本作が表現した”構造”を読み解いていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。