物事の二面性と中間性を体現する『スリー・ビルボード』の衝撃

『スリー・ビルボード』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
物事の二面性と中間性を体現する『スリー・ビルボード』の衝撃

観客を殴りつけるような衝撃の展開に翻弄される本作。その物語は何を描こうとするのか、どのようなメカニズムによってインパクトがもたらされるのかを、複数の角度から考察していきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。