大衆娯楽としての魅力だけではない?『空海―KU-KAI―』で描かれたチェン・カイコーの核

『空海−KU-KAI− 美しき王妃の謎』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
大衆娯楽としての魅力だけではない?『空海―KU-KAI―』で描かれたチェン・カイコーの核

錚々たる俳優陣、華麗な衣装や美術など、巨費を投じた豪華絢爛・酒池肉林のきらびやかな世界の裏に隠された棘(とげ)とは?作品の内容を追いながら、巨匠監督の作家性の核へと迫っていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。