映画『ラッキー』で怪優が向き合った「死」と「人生」

ハリー・ディーン・スタントン最後の主演作『ラッキー』についての評論を、“映画・ドラマ・アニメをもっと楽しく。 ciatr [シアター]”に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
映画『ラッキー』で怪優が向き合った「死」と「人生」

アメリカ映画の歴史が刻まれた象徴的な俳優が演じる、死を前にした人間の精神の旅。俳優の人生と映画のなかの世界が交錯する、不思議な味わいの作品です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。