『リメンバー・ミー』はなぜ感動を呼ぶ?“優しさ”がもたらした深いテーマ性

号泣必至タオル必須の感動作『リメンバー・ミー』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
『リメンバー・ミー』はなぜ感動を呼ぶ?“優しさ”がもたらした深いテーマ性

本作の感動に「より深い味わい」をもたらす、ピクサーが到達した新たな“多様性”とは何か。メキシコの伝統文化や偉大な画家が劇中に登場する意味、そして映画の成功がもたらした社会への影響を考察します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。