黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味-『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む

creepy01

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です」
国内外から新作が待たれる黒沢清監督作『クリーピー 偽りの隣人』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
黒沢清監督が仕掛ける“違和感”の意味-『クリーピー 偽りの隣人』の演出を読む

どこを切っても「違和感」の金太郎飴。ストーリーの文脈から切り離された映像が獲得するものとは何なのか。黒沢清監督の特異な作家性から、作品の魅力の核になっているものを考えていきます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。