遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

gosaigyo01

とり上げたかった、鶴橋康夫監督『後妻業の女』についての記事を「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
遺産狙いの悪行がなぜ説得力を持つのか? 『後妻業の女』が描く人間の欲望

コメディ調の犯罪ものとして、軽妙かつ過激なギャグで笑わせながら、人間の欲望と内面の純粋さを丁寧に描き、観客を心情の面で異常犯罪の共犯にまでしまう、すごい作品。必見。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。