大林宣彦監督の圧倒的な執念-『花筐/HANAGATAMI』の幻惑的で自由な映画世界

大林宣彦監督『花筐/HANAGATAMI』についての評論を、「リアルサウンド映画部」に寄稿しました。

▼(クリックで記事を表示します)
大林宣彦監督の圧倒的な執念-『花筐/HANAGATAMI』の幻惑的で自由な映画世界

強烈な色彩の映像、音楽や音声がそれぞれ多層的に重ねられ絡み合う、近年ますますアヴァンギャルドになる大林監督の実験性とパッションが爆発する傑作。劇場でこの狂った眩惑世界を体験してほしいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。